回答

✨ ベストアンサー ✨

水そうの量が決まっていないので、条件さえ合えば
 適当な値を使ってよいという事になります
――――――――――――――――――――――――
30と45の最小公倍数90を考え、90Lを水そうの量とすると
 Aの菅:1分で、90L÷45=2L
 Bの菅:1分で、90L÷30=3L

●AとBを一緒に使うと、
  1分で、2+3=5L入るので

●いっぱいになる時間は
  90L÷5L=18 で、18分

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選