経営経済学
大学生・専門学校生・社会人

ある財の需要量(q)と市場価格(p)が、
p=-2q+200
で表され、この財を独占的に生産する企業の総費用(TC)が、
TC=4q+1000
で表される。

1、政府の規制がない場合のこの財の、生産量、市場価格、消費者余剰、企業利潤はそれぞれいくらか。

2、政府が限界費用価格形成原理に基づく価格規制を行った場合のこの財の、生産量、市場価格、消費者余剰、企業利潤はそれぞれいくらか。

3、政府が総括原価方式に基づく価格規制を行った場合のこの財の、生産量、市場価格、消費者余剰、企業利潤はそれぞれいくらか。

4、上記の政策の中で、社会的余剰が最大値となるのは、どの場合の何であるか。

問題数が多くてすいません。どなたか教えてほしいです。

経済学

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選