地球でちっぽけな恋 2

1

111

0

このノートについて

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=d3bbecf083036774821085c256487bbc86b9215f29a1403447c641faee0c5ab3

不思議の国のアリス

「貴方ね♪ふざけないでくれないかなあ?♪
私の雫くんたちを奪わないで♪♪♪」
「奪うって、、。人聞きの悪いこと言うこと言わないで!」
「私に逆らっちゃうのん???美香たん泣いちゃうよん??」
「知らないわよ。」
「おまえいいかげんにしないといじめるよ」
「そう。あなたもう私を虐めてるくせに。よく言うわよ」
「まとめて言うね。〇ね。あとね♪雫くんたちに関わらないで?♡♥♡」
「、、、、、。」
「あんたいい加減にしてよ。目障りよ。早くどこか行ってー♥」

「ってさ。助けてよ。辛い、、。」
「夏恋、、。ちょっとまってね。

ねえ、真理?…………………だからさ、……………………してくれない?
………………。ありがとっ!じゃあ
よろしくね。」

愛はスマホを鞄にしまう。

「夏恋。もう帰ろう。」
「あ、うん!!」
「そうだ。もう美香にの言うこと聞かなくていいよ。」
「ホント!?」
「うん♪」
「Σd(ゝ∀・)ァリガトォ♪ 」

コメント

コメントはまだありません。

このノートを友達に教えよう!