学年
小学生
教科
作文

涙クリスタル 恋愛小説

3

130

5

このノートについて

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=97d3d842a07237fd30f251a33840df64eb91e45e1fb29b6abc44d5470b2fa2d7

不思議の国のアリス

「あんたさあ、、、?どうゆうつもり?クラスの人気者の雪くんと付き合うなんて?」
「そんなつもりは、、、、」
「言い訳なんてききたくないわよ。許さないから。」
「って、言われたの。どうしよう、、、。」
「そんなことが、、、。華、大丈夫か?」
「心配してくれてありがと。でも、雪君が手だしたら、カオリちゃんが可哀想だよ。」
「華、優しいんだな。でも、このままじゃ、華が可哀想だよ。」
「でも、、。」
「行ってくる。」
「雪くん、、、、」

「カオリ。華に嫌がらせするのやめろよ。」
「雪くん、、、?ワタシ、そんなことしてないよ?」
「華からきいたよ。おまえ。」
「、、、、、、。じゃあね、、」
「待て。お前このまま、華のところいくだろ」
「うん。そうだよ、、。あいつを虐めるとスカッとするんだよ、、、」

1章 終

コメント

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=9d9f8391db05bdf5c162c1953ad13fcccb974da134fbdff2589e058b3d5620a5

すごくいいです。
続きを早く見たいです

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=9d9f8391db05bdf5c162c1953ad13fcccb974da134fbdff2589e058b3d5620a5

ありがとう😆💕✨
タメでいいよ👌

このノートを友達に教えよう!