回答

10 = 2 × 5 なので、10 が何個あるかを数えるためには
「1から40までの数をすべて素因数分解をしたときに、(2 × 5)のペアが何個作れるか」
を数えるというのが基本的な考え方はです。

しかし、因数「2」の数は因数「5」の数よりも圧倒的に多いのが明らかなので、実際にはそこに含まれる「5」だけを数えれば良いということです。

ここで1つ注意しなくてはならないことがあります。

1 から 40 までに含まれる 5 の倍数は
40 ÷ 5 = 8 より、8 個です。

しかし、5 の2乗(=25) の倍数には 5 が2つ含まれるので、25の倍数の数を足さなくてはなりません。

40 ÷ 25 = 1 あまり15 より、
25の倍数は 1 個。

したがって 因数「5」は
8+1 = 9 (個) 含まれるので
0 は 9 個並ぶ

ということになります。

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】