古文
高校生

『世とともに 【 A 】絶えせぬ 富士の嶺の 下の思ひや 我が身なるらむ』
『富士の嶺の 【 A 】と聞けば 頼まれず 上の空にや 立ち昇るらむ』

上記の2つの歌の空欄Aに共通して入る適切な語を答えなさい。

という問題なのですが、答えは「けむり」でした。
これは何故そうだとわかるのでしょうか。
歌の中に煙と共によく使われる語があったりするのでしょうか。

教えていただけたら嬉しいです💦

住吉物語

回答

「富士」で「絶えな」くて、さらに「立ち昇る」ものといったら煙しかないですね

雪は立ち昇りませんからねw

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】