歴史
中学生
解決済み

歴史の質問です。後白河上皇はなぜ上皇になったのですか?もともと天皇だったので、そのまま天皇として政治を行っていくこともできたのに、なぜわざわざ上皇になったのでしょうか

回答

✨ ベストアンサー ✨

後白河上皇が上皇になったのは、院政を通じて実質的な権力を持ち続けるためです。当時、上皇として院政を行うことで、天皇よりも自由に政治を動かすことができたためです。

なるほど!理解です!
ありがとうございます!!!!

この回答にコメントする

回答

本来は子供の二条天皇を天皇にすることが目的でした。
そのために親の後白河天皇を先に天皇にしました。
もともとワンポイントで、長く天皇をやる予定ではありませんでした。

このころの後白河天皇にはあまり実権がありませんでした。
平治の乱の後に有力者が亡くなったり失脚し、平清盛と結んだ後白河上皇が権力を持つようになりました。

細かいところまで説明してくれてありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?