世界史
高校生

江戸幕府が目指した政治はどのようなもので、なぜ薩長側はそれに反対したのか。またその政治が実現しなかった要因を詳しく教えてください

回答

江戸幕府が目指した政治は、「泰平の世」と呼ばれる、平和で安定した社会でした。戦乱のない秩序ある社会を維持するため、農民は農業に専念し、武士は支配階級としての役割を果たすことを基本としました。

薩長側が反対した理由

薩摩藩と長州藩などの反幕府勢力は、幕府が開国政策を進める中で外国の勢力に屈するように見えたことや、幕府の支配に不満を持っていました。また、幕府の政治が経済的な発展を阻害し、武士の生活が困窮する状況を生んでいると考えたためです。

政治が実現しなかった要因

1. 経済的な問題幕府の財政は困難で、経済の発展に対応できず、物価の上昇や生活の苦しさが広がりました。

2. 外国の圧力 開国による外国からの圧力や不平等条約が、幕府の支配力を弱めました。

3. 内部の対立 幕府内の権力争いや指導力の欠如がありました。

これらの理由で、江戸幕府の目指した平和な社会は次第に維持できなくなり、最終的に明治維新を迎えることになりました。

ゲストあ

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉