世界史
高校生

列強の行為によって清(中国)・インド・ 日本がどのように変わっていったかを比較して教えください

回答

変化:

• アヘン戦争(1840年代)やアロー戦争(1850年代)などで列強に敗れ、不平等条約を結ばされました。
• 領土の一部を割譲し、外国に多くの治外法権を認めざるを得ませんでした。
• 列強による経済的支配(港湾都市の支配、経済の開放)により、国内が混乱し、清朝の統治力が弱体化しました。

インド

変化:

• 18世紀後半から19世紀にかけてイギリスの支配が進み、1858年のインド大反乱を経て、直接支配(イギリス領インド帝国)となりました。
• イギリスの経済政策により、伝統的な経済や産業が破壊され、インドの資源や労働力がイギリスの利益のために利用されました。
• イギリスの教育制度やインフラ整備により、近代化の一面も進みましたが、独立運動が高まるきっかけにもなりました。

日本

変化:

• 1853年のペリー来航や不平等条約(1858年の日米修好通商条約など)により、鎖国政策を終え、開国に至りました。
• 明治維新(1868年)を経て、列強の脅威に対抗するため、急速に近代化し、西洋の制度を取り入れました。
• 日清戦争(1894-95年)や日露戦争(1904-05年)を通じて、列強の一員として帝国主義政策を進めました。

比較

1. 清(中国)は列強に支配され、国が弱体化しました。
2. インドはイギリスの植民地となり、経済が従属しました。
3. 日本は開国後、列強の脅威を受けつつも、近代化に成功し、自らも列強の一員となりました。

このように、清は列強の支配下で国力が低下し、インドは植民地化され、日本は近代化を進めて独立を保ちました。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉