国語
中学生
解決済み

中2枕草子 まいて と 〜さえ は対応していると習いましたがどのような意味で対応しているのでしょうか?

回答

✨ ベストアンサー ✨

枕草子 まいて と 〜さえ は、文中で対比や強調の役割を果たします。
まいてはましてと同じ意味で特にや言うまでもなくと言った意味を持ち、ある事柄が他のものよりも際立っていることを強調します。
一方、〜さえは〜すらと同義でそのうえ〜もといった意味で使われ、普通では考えにくいことまで含まれることを示して、さらにその先にあるものを強調します。
例えば、「まいて春の花の咲き誇る頃は」は特に春の花が咲き誇る頃はと訳せますが、その文脈で〜さえという表現が続くと、〜でさえ(春の花が咲き誇る頃には)というように、その対比が強調されます。
このように、まいては特定の事象を強調し、〜さえはその強調点をさらに押し広げる役割を果たしています。

ありがとうございます😭

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?