世界史
高校生

産業の国有化のメリットとデメリットを教えてください。スターリンや毛沢東のような社会主義的な国有化ではなくて、アトリーがやったような重要産業の国有化です(アトリーも労働党なのでいい例ではないかもしれませんが)。
個人的に産業全てではないなら、効果的だと思うのですが良い点や問題点はありますか。

回答

✨ ベストアンサー ✨

民間企業を国有化したとたんに、経済も業界もわかってない役人がやってきて、経営をボロボロにした挙句、倒産する。ということになります。
”原材料を優先的に割り当てられる”というメリットはあるかもしれませんが、
市場の要求(需要)とは関係なくものを作り続けて、在庫がいっぱいになり、(役人は成果を上げたと自慢しますが)廃業することになります。

メリットはほとんどないです。

しゅう

国有化すれば安定して供給できると思ったのですが、なるほど知識不足の役人の経営や腐敗につながるんですね!
よく「(国際)競争力の低下」が見られるとありますが、商品や製品を生産する企業ではない、銀行・石炭・電力・運輸・鉄鋼が国有化しても競争力は低下するのですか。

モネ。

短期的にみれば成功するところはあるでしょう。
ただし、そのうちに役人気質がおもてにでてきて、必要もないものを作ったり、役人が実績作りに無理な計画を立てたり、で どうしようもない状態に行くでしょう。

ぺんぎん

_海外では、アメリカでも停電は当たり前の日常です。利益を優先させるからです。
_電力6社は、元々国有会社でしたし、今でも実質ほぼ国有会社です。計画経済により、停電することは、殆ど有りません。
_それなりの価格で、安定したインフラ・サービスを享受出来ます。
_中国資本の会社に上下水道会社が買収されたりする事例がある昨今、将来的には生活の根幹の首根っこを抑えられ、外国の意の儘に擬似的属国となる自治体が現れることでしょう。

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉