地理
高校生

地理の○✕テストで①関東地方は局地風の影響により冬季の降水量が少ない。➁夏季の降水量が特に多い地域は熱帯低気圧の影響を受けやすい南西諸島である。
この問題2つとも答えが✕だったんですけどなぜでしょうか?理由がわからないので教えてほしいです

地理 降水量 熱帯低気圧 南西諸島 局地風

回答

✨ ベストアンサー ✨

関東地方で冬に降水量が少ないのは、「季節風」の影響です。
冬の季節風は、大陸から吹いてくるので、日本海側に雪を降らせた後は、山脈を越えて乾燥した風が吹いてきます。

夏の降水量が特に多いのは、季節風の影響を強く受ける西日本の太平洋岸です。
6~8月の3か月間の降水量を見ると、
那覇は、629.1㎜、奄美が880.9㎜ですが、
宮崎が、1028.8㎜、高知が957.2㎜、三重県の尾鷲が1271.1㎜です。

地道な地理

もちろん、西日本の太平洋側でも、梅雨や熱帯低気圧による雨が降ります。

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?