世界史
高校生

東南アジアのほとんどの地域がヨーロッパ諸国の植民地と 唯一植民地化の圧力を回避したのはタイであった。 タイでは18世紀の終わりに,バンコクに首都をおき,現王朝のラタナコーシン朝が創始された。 19世紀前半は、ヨーロッパ諸国に対して閉鎖的な政策が取られていた。 しかし、ロッパの諸勢力からの門戸開放の圧力がしだいに強まり,19世紀 後半,ラーマ4世の時代に政策の転換がおこなわ れた。 王室による貿易独占が解除され、自由貿易 の原則が確認されると,つぎつぎと先進諸国と外 交関係が結ばれた。 その結果、米の商品化がすす み,デルタ地帯の開発がすすんだ。 チュラロンコ ンは,イギリスとフランスとの勢力 均衡策をたくみにとると同時に,外国人専門家を まねいて行政・司法組織などを改革し、また外国 への留学を奨励するなどして近代化に成功し、植 民地化を回避した。

タイが植民地化の圧力を回避した理由をめっちゃ短く要約していただきたいです🙏🏻

回答

PromotionBanner
疑問は解決しましたか?