回答

✨ ベストアンサー ✨

正五角形の内角は540÷5=108° よって、∠ABC=108°である。ここで、三角形ABCはAB=ACの二等辺三角形であるので、∠ACB=(180°-∠ABC)/2=72°/2=36°次に、∠ABH=∠ABC-∠CBD=108°−36°=72°(なぜなら、三角形ABCと三角形BCDは合同であり、∠ACB=∠CBDであるから)また、三角関数ABHに着目して、∠AHB=180°−(∠ABH+∠BAC)=180°−(72°+36°)=180°−108°=72° ゆえに、∠ABH=∠AHBであるから、三角形ABHはAB=AHの二等辺三角形である。したがって、AB=4より、AH=4である。文字だけの説明でごめんね

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?