回答

✨ ベストアンサー ✨

前から訳していくと、

その単語が話されている文脈や、その単語が言われている状況が

私たちに教える

話し手が伝えようとしている可能性のある意味のうちの、どれが、意図されているか を

ですね。

usの後ろの部分は、
which is intended 「どれが意図されているか」がメインの骨格で、whichに修飾語がついています

この修飾語の
of the possible speaker-meaning
が鬼門だと思います。特にpossibleが。
一つ一つ修飾関係を考えましょう。

meaningは名詞として「意味」と訳してもいいし、動名詞として「意味すること」「意味するもの」でも良いです。
speaker-meaningは、名詞と(動)名詞をくっつけているからハイフンで繋がれてますが、「話し手が意味すること・もの」「話し手が伝えたい意味」ということです。

possibleは「ありえる」「可能性がある」です。
ということは
possible meaningは「ありえる(単語の)意味」「意味している可能性のあること・もの」
「一つの単語でも意味はいろいろありえる、そのいろいろな可能性のある意味」ということです。
これのmeaningがspeaker-meaningに変わっただけなので、「いろいろありえる話し手が伝えたい意味」ということです。

これwhich is intendedの骨格につけると、 
「いろいろありえる話し手が伝えたい意味のうち、どれが意図されているのか」
というような意味合いになります。

例えばendという単語は
「終わり」「目標」「端っこ」という意味が可能性として考えられますが
「りんご」という意味になることはありえません。

一つの単語でいろいろあり得る意味(その裏返しで、ありえない意味)というのはこういうことです。
そして、
「あり得る意味のうち、実際に意図されてるのはどれなのかは、文脈によって決まる」
とこの文章は言っているのです。

Yun

よく分かりました、ありがとうございます!

この回答にコメントする

回答

tell us以降は名詞節と思われるのと、the possible ○○は「可能な○○」「考えられる○○」というような日本語訳になるだろうなという憶測のもと、「推測される話し手の意図のどれが(実際に)意図されているか」という訳を考えました。

サスケ

「推測される話し手の意図」がthe possible speaker-meaningsに対応してます。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選