回答

✨ ベストアンサー ✨

まず、線C-Dと等高線が交わるところから、断面図に線を引きます(下の図の青い線)。
その時に、140mの等高線であれば、140mのメモリまで、130mの等高線であれば130mのメモリまで引いて、メモリとの交点に印(下の図の青い●)をつけます。

そして、つけた印(青い●)の所を「ゆるやかな曲線(下の図は曲線が書けなかったので、しかたなく直線を描きましたが…)」で結ぶと断面図ができあがります。

翔くん🏰

ありがとうございます!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選