PromotionBanner

回答

まずは文節に分けましょう。考えるのはそこからです。

述語は、倒置法が使われていない限り、文の最後に来ます。最後の文節に含まれているものはアにしましょう。

連体修飾語は、体言(=名詞)を修飾するものです。
例えば④は、「すばらしい」→「景色」と、名詞にかかっていくのでイになります。

連用修飾語は、用言(=動詞、形容詞、形容動詞)を修飾するものです。
例えば②は、「急に」→「なった」と、動詞にかかっているのでウになります。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選