世界史
高校生

最後の矛盾点がよく分かりません、ウィーン体制は勢力均衡と正統主義が原則だからヨーロッパ内でも外でも一致ではないのですか、?
流れがよく分からないのでここまでの流れも教えて頂きたいです~🙇‍♂️🙇‍♂️

タウィーン体制と3ーロッ0 リイポレオン設落象のウィーン食談 ロ主宰者、ドッテルーヒ (オーストリアの外務下屋] 「てポレオンいなくなて、準命前っ併制に保さない?」 ーマ絶対王政に戻るマ 815年伝議は かとう! thと進まプル ウaーン会護 大国っ軸や期衛を協識。 コレーテンが準命前の状態にしていこクと正純主義の提唱 30140-E 、希回のキり告ががっかって呼ばれている、 (815年 ィーン講走書が格げれる、 Pコ22 新たな頃士 1ラン7 719イン TUT消 作治 主務原ってくる - 70aセンの払大 ete 国民庄はすた来特士れると思い確してしオうのでする り 神聖園盟ロシアのアレクサンドル世り健信 「僕たちんなキリスト教徒だ助け合お」 ヨーロyの現状糖持を自目的 条 +奥 中で仏も側! 回自同盟 3 発県艶 休制を育かす動きは認めない!! 6自主義ラatズ4 .個人の自由、権年り 国家族の乳一」 俺下を東締しないで 21床動体制の反応 独 Lシェンラャ7ト Cドイツの自由ボり) (817~19 ドイツグ学生 イ伊 カレポt党 西 スneイ2立唐率命(電末使って理限しなうり) 1820n かで(スのもL (概物政治やめる) (1935n 群校武や年天忍露量 (アの触本) 1820 独立を統一めさラ ヨーロッ/0円の改率、独立理前, ヨーロッ/パ4トり独理動」中陣地域 不一致-キリンャ独立 ウィーン体料 スマン帝国の交配下 ミク予盾が断果り引は金に..

回答

✨ ベストアンサー ✨

ナポレオン戦争によってフランス革命の考えがヨーロッパに広まる

最終的にナポレオンは敗北

ナポレオン戦争前の状態に戻そうとする(ウィーン体制)

神聖同盟や四国同盟が作られる。目的はウィーン体制を維持。体制を脅かす動きを各国が協力して抑える→独立、民族運動などの弾圧。

しかし、ヨーロッパ外の独立運動では各国が自国の利益を狙い協力できなくなる。(例:ギリシャの独立運動に対し、フランスとロシアは賛成。オーストリアは反対)←ウィーン体制を守るため、ヨーロッパの独立運動は協力して抑えるのに、ヨーロッパ外では協力できなかったこれが矛盾

神聖同盟や四国同盟が機能しなくなり、各国で革命が起こる。メッテルニヒも失脚しウィーン体制は崩壊する。

こんな感じかなと思います!違ったらごめんなさい🙏

chimer☺︎︎

分かりやすい解説ありがとうございます~!!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?