国語
中学生

この問題を教えてください!

かんがえる さがす +フラスワン意味を辞典で調べよう。 ①雷要 (じゅよう) ②供給 (きょうきゅう) ③常識 (じょうしき) てね。 選択肢の比べ方 字を書くことについての筆者の考えに当てはまらないものを次か ら一つ選び、記号で答えなさい。 KA-ム 「字がうまい競争」においても、必ず優劣はつきます。うまい人、- 下手な人。字がうまい人はたくさん票を得ることがてきて、嬉しく 感じるものです。これは人間として普通の感情です。人に認められ ることは、本当に嬉しいものです。しかし、それて人格が上になっ たわけでもなく、ただそこには「字がうまい」という事実があるの みてす。 ここて票を一票も得られなかった人は、様々な反応をします。く やしがる人、落ちこむ人、やる気が出る人。もちろん様 々な反応が あってよいのですが、このゲームは落ちこぼれを作るためにやるの てはありません。落ち込んだり、劣等感を感じることがあっても、" それをバネにして上に向かうこと。もし劣等感を感じる時間がある のならば、今すぐにても成長に向けて練習したり、うまいと思った一 ア 字がうまくなっていく成長のプロセスにこそ、字を書く楽しみ がある。 ィ 字のうまさにゴールはないので、「完全なる字」には辿り着か * e ない。 ウ 字が下手だとなげくよりも、成長に向けて努力することが大 切だ。 ェ 字が美しくなる過程を楽しむことて、人格の成長を促すことが てきる。 人のテクニックを盗んだりすることに時間を貴やした方がよいで 字のうまさにおいてゴールはありません。修業を重ねていった結= 果「完全なる字」に辿り着いたなどということはありえません。永」 遠なる旅路てす。だからこそ、うまくなっていく成長のプロセスに こそ、意義があり、美があり、楽しさがあるのてす。 てすから、字が下手で劣等感を感じている人、どうせ下手だから と諦めている人は、どうかそう言わずに、今の時点からの成長を楽a しんで下さい。そうなると、字を書くこと、書道を心 から楽しめる Q$二段落目の最後の一文「もし劣等感を……よいでしょう。」に|線を引く。 日線を引いた部分の「……方がよいでしょう。」が、筆者の考えを表している ことを押さえる。 Q三段落目以降にも筆者の考えの理由が書かれていることを読み取る。 アは、「だからこそ、……あるのです。」の一文に書かれている。 イは、「字のうまさにおいてゴールはありません。」、「修業を重ねていった ありえません。」の二文に書かれている。 ウは、「もし劣等感を……よいでしょう。」の一文に書かれている。 工は、本文の内容と異なる。 ようになります。 (武田双雲「『書』を書く愉しみ」光社新書) *車線…単にドニることと、ガっていること。 * 劣等感……自分が他の人より劣っているという気持ち。 *トロK…事を行の が 当ではまらないものを一つ選ぶ。

回答

PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選