国語
小学生

急いでいます。
4番と5番が、分かりません。
教えて下さい。

の理由として 次の文章を読んで、あとの問いに答えましょう。 ア岩崎がホームに来な ィ 友達と別れたばかり ゥ 新しい土地での生涯 ェ 列車での一人旅が進 |線「勘違いす 岩崎は、どんなこ" えましょう。 何も考えることができなかった。ただみんなの顔が浮かんでは消一 えていった。岩崎の顔が浮かんだ時、彼はとうとう今日、ホームに一 姿 を見せなかったと思った。それが唯一の心残りだった。 五分ほどで次の駅に着いた。人影のないその駅から、一人だけ乗」 客があった。その乗客はゆっくりとぼくのそばに近ついてきた。 岩崎だった。あっけにとられて見つめているぼくを尻目に、岩崎 はそのまま何食わぬ顔で、ぼくの前の座席に腰を下ろした。 「勘違いすんなよ」 4 3 こr えて書きましょう。 岩崎がいつものようにぶっきらぼうな調子で言った。 「ちょうど用事があって、たまたま同じ列車に乗っただけだからな」 ってもうれしいよ、もう会えないのかなって思っていたとこだった」 この言葉から岩崎 ふさわしいものを次 ア「ぼく」に対して ィ 冷静に「ぼく」」 「ぼく」に対して ェ 誤解のないよう |線「うれし ぼくは岩崎に言った。 岩崎はしばらくの間、ぶすっとした顔で車窓から外の景色を眺め ていたけれど、突然、「何てだよ」とぼくを見ずに、つぶやくよう に言った。 「なんでこんなに早く行っちゃうんだよ。俺からピッチャーを取り 上げといてさ」」 (父さんが転動だから仕方がないんだ」 ぼくがそう言うと、岩崎はちぇっと小さく舌打ちをした。 「そんなことは、知ってるよ」 ぼくは岩崎が何を言うつもりなのかわからなかった。 「正直に言うと、俺、佐藤のことが気になりながらもちょっと憎ら rこ JR 口 より前の文章中の言華 ー線「なんで 獣いに答えましょう 「へ」 ているのですか しかった」 「俺がいくらくってかかっても、いつも悠然としてるってところが つ 「ぼく」は、岩 文章中の言葉を使一 「-た ぼくが、悠然としてるなんてことは全然ない。ぼくはぼくなりに いつも傷ついたり、イライラしたりしているのだ。でも、もしばく のことがそんな風に見えるなら、ぼくは転校を繰り返すうちに、自》 分の感情 を表に出すことがへたくそになっていたのだと思う。本一 当だよ、岩崎、ぼくは本当はそんなんじゃないんだ。ぼくは心の中 てそう繰り返した。 っても佐藤、なんてそんなに無理してるんだよ」 突然の岩崎の言葉業だった。ぼくは思わず岩崎を見た。 「なんでもっと怒らないんだよ。なんでもっと感情をむき出しにし G口 -線「岩崎はL てぼくを見た」とあ= 次の口口にあてはまる 佐藤から、自分も 言われておどろいたが ぼくは、少しの間何も言えずに岩崎の顔を見続けていた。 ぼくが自分の感情を押し殺しながら生きてきたことは確かだ。そ」 れが転校生として生きていく最善の方法のように思っていたからか出 もしれない。 「じゃあ、訊くけど、岩崎もけっこう無理してるだろ」 ぼくがそう言うと岩崎はえっという表情てぼくを見た。 「いつも、自分を過剰にカバーして」」 岩崎はしばらく黙っていたけれどすぐににやっと笑ってぼくを見5 た。そのうちそれがこらえきれないというような笑いに変わって いった 「何がおかしいのさ」 ぼくは少し 口調で言った 「なんか似てるかもな、俺たち」 岩崎は笑いをかみ殺すようにしながら言った。 ところがあるのかもし 口 つ選び、記号て答さ ア 怒ったような Jにあてはま ウ照れたような ロ この文章の場面の といものを次の中から ア 岩崎が、「ぼく」」 け、おたがいを理解 ィ引っこしてきた ているうちに、心を ウおたがいにいが「 きっかけに意気投合 ェいっしょに旅に出 (阪口正博「カントリー·ロード」より) 主張をゆじ 第2章 物語 第6課 あらすじ 場面 登場人物
ャーを取り より前の文章中の言葉を仁 石 が、ホーたこなか ら仕方がないんだ」 岩崎はちえっと小さく舌打ちをした。 てるよ」 -線「なんでそんなに無理してるんだ 」について、次の つもりなのかわからなかった 隊のことが気になりながらもちょっと憎ら 問いに答えましょう 岩崎は「ぼく」のどのような点について「無理してる」と感じ ているのですか。文章中の言葉を使って書きましょう。 マ っても、いつも格然としてるってところが 「ぼく」は、岩崎に言われたことの理由をどう考えましたか。 文章中の言葉を使って書きましょう。 てるなんてことは全然ない。ぼくはぼくなりに イライラしたりしているのだ。でも、もしばく に見えるなら、ぼくは転校を繰り返すうちに、自 に出すことがへたくそになっていたのだと思う。本 ぼくは本当はそんなんじゃないんだ。ぼくは心の中 ー線「岩崎はしばらく黙っていたけれどすぐににやっと笑っ てぼくを見た」とありますが、このときの岩崎の気持ちを説明した 次の口■にあてはまる言葉を文章中からそれぞれ書きぬきましょう。 した なんでそんなに無理してるんだよ」 場の言葉だった。ぼくは思わず岩崎を見た 日つと怒らないんだよ。なんでもっと感情をおき出しにし 佐藤から、自分も |と思いがけないことを 言われておどろいたが、考えてみると自分と佐藤は 少しの間何も言えずに岩崎の顔を見続けていた。 日分の感情を押し役殺しながら生きてきたことは確かだ。そ 生として生きていく最善の方法のように思っていたからか ところがあるのかもしれないと気づき、おかしく感じている にあてはまる言葉として最もふさわしいものを次の中から つ選び、記号で答えましょう

回答

✨ ベストアンサー ✨

(4)あ なんでもっと怒らないのか、感情をむき出しにしないのかと感じたから。

(5)無理してる 似てる

だと思います!((4)のい は分かりませんでした(汗))

(4)あ 問題文で「~と感じているのですか。」と聞かれているときは「~と感じたから。」と答えましょう!

ありがとうございます!!
分かりやすいです!✨✨

少しだけですが力になれてよかったです✨

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選