公開日時
更新日時

教えて(つД`)理科。

5

213

8

このノートについて

pon

pon

!緊急!
教えてください。・゜・(ノД`)・゜・。

コメント

ゆりりん@高2

私と同じ教科書ですね(笑)

40kgの質量の物体を10m持ち上げるときにした仕事は、
40kg=40000g=400N
だから、
400N×10m=4000J

仕事率=仕事÷かかった時間
だから、これをかかった時間について解くと、
かかった時間=仕事÷仕事率

ゆりりん@高2

続きます!

ゆりりん@高2


4000J÷1W=4000s
答えは4000秒

機械
4000J÷20W=200s
答えは200秒

ゆりりん@高2

位置エネルギーが最も大きいのは、
基準面から最も高いところ、
小さいのは、基準面。

運動エネルギーが最も大きいのは、
基準面、
小さいのは、基準面から最も高いところ。

位置エネルギーが大きくなると運動エネルギーは小さくなり、位置エネルギーが小さくなると運動エネルギーは大きくなる。

とかですかねー?(^ω^;)
表現の仕方は人それぞれなので、これが正解っ!!
っていうのはないですよね…(;´Д`)

ゆりりん@高2

間違っていたらごめんなさいm(;。_。)m

pon
著者
pon

丁寧な解説ありがとうございます๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐
すごい分かり易かったです‼

ゆりりん@高2

良かったです(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"

pon
著者
pon

ありがとうございました⁽⁽ ◟(灬 ˊωˋ 灬)◞ ⁾⁾

このノートを友達に教えよう!