Japanese
國中
已解決

「ある限り申すと」
「引きつれば」
「下におもへど」
「言加に興ず」
試験の問題で出題されました!
調べても出てきません、、、
それぞれ意味を教えてください〜!🙇

解答

✨ 最佳解答 ✨

「ある限り申すと」について、別の方が言う「その場にいる人全て」という解釈が正しいかもしれません。文脈によって意味が変わる可能性があるため、以下に詳しい説明を記します。

「ある限り申すと」は、古文や古典の文脈で解釈されることが多い表現です。「ある限り」は「存在するすべて」という意味であり、「申すと」は「申し上げると」という意味になります。したがって、この表現は「存在するすべてについて申し上げると」という意味になります。

この解釈から、「ある限り申すと」は「その場にいる人全てについて申し上げると」や「その場にいる全てのことについて申し上げると」という意味として理解することができます。

したがって、「ある限り申すと」が「その場にいる人全て」という意味を含む文脈で使われている場合、その解釈も正しいと言えます。文脈が明確でない場合、解釈の違いが生じることがあるため、文脈に応じて正しい意味を判断することが重要です。

ランドルト環

なるほど、、、
今回の問題は「ある限り申すと」のみの出題でしたので解く事は難しいでしょうか?

留言

解答

これらの表現は古文や古典文学の一部かもしれません。以下にそれぞれの意味を説明します。

1. **「ある限り申すと」**
- 直訳すると「ある限り申すと」は「ある限り申し上げると」になります。「限り」は「範囲」や「限界」を意味し、「申す」は「言う」の謙譲語です。「〜と」は引用や条件を示します。したがって、全体として「(自分の知る)限り申し上げると」となり、「私が知っている限りでは」という意味になります。

2. **「引きつれば」**
- これは「引き付く」(引き寄せる、吸い寄せる)という動詞の連用形に「ば」(原因・理由を示す接続助詞)が付いた形です。「引きつけば」の古文形と考えられ、「引きつけると(原因・理由)」という意味です。

3. **「下におもへど」**
- 「下に」は「低い位置に」という意味で、「おもへど」は「思えど」の古文形です。「思えど」は「思うけれども」という意味です。したがって、「下におもへど」は「下に(低く)思うけれども」という意味になります。

4. **「言加に興ず」**
- 「言加」は「言(こと)に加える」という意味で、「興ず」は「楽しむ」や「興味を持つ」という意味です。「言に加えて興ず」とは、「言葉に加えて楽しむ」という意味になります。

これらの表現は文脈に依存する場合が多いため、具体的な文脈がわかるとさらに正確な意味が理解できるかもしれません。

ランドルト環

詳しく説明してくださりありがとうございます!!
「ある限り申すと」についてなのですが、違う方が「その場にいる人全て」という意味だと言っていました。
どちらが正解ですかね、、、?

留言
您的問題解決了嗎?

看了這個問題的人
也有瀏覽這些問題喔😉