この回答がベストアンサーに選ばれました。

大きい円柱(半径が6で高さが5の円柱)、小さい円柱(半径が2で高さが3の円柱)が重なっていると考えたらわかりやすいかも!

円柱の体積の求め方は半径×半径×3.14×高さなので
大きい円柱の体積は6×6×3.14×5=565.2
小さい円柱は2×2×3.14×3=37.68
2つの体積を足して、体積の答えは602.88

表面積の求め方は直径×3.14×高さ
大きい円柱の表面積は12×3.14×5=188.4
小さい方は4×3.14×3=37.68
2つの表面積を足して表面積の答えは226.08

こんなかんじな。勉強頑張ろうね!

みかん

ありがとうございます。

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】