世界史
高校生
解決済み

世界史で片むてき最恵国待遇と最恵国待遇のちがいはなんですか?

回答

✨ ベストアンサー ✨

「最恵国待遇」とは、条約締結国の一方が第三国に別の特権を認めた場合、自動的に相手国に同様な特権を認めることです。
たとえば、ア国が、毎月A国に100万円、B国に500万円、C国に300万円のお金をあげる条約を結んでいたとします(写真1枚目上)。しかしA国がア国で最恵国待遇をもっていた場合、最も待遇の良いB国と同じ待遇を受けることができます(写真1枚目下)。
ではA国が毎月ア国に100万円、イ国に300万円、ウ国に700万円をあげる条約を結んでいた場合はどうでしょう。ア国がA国の最恵国待遇をもっていればウ国と同じ700万円を毎月受け取ることができます。しかし、この最恵国待遇がア国がA国に対して一方的に認める“片務的”であった場合は、ア国は最恵国待遇を受けられませんので、毎月100万円となるのです(写真2枚目)。
世界史ではA国をイギリスなどの欧米列強、ア国を中国などの非ヨーロッパ諸国に当てはめて考えてみてください。

最恵国待遇 片務的最恵国待遇
かげやま塩

ありがとうございます!(´▽`)

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉