回答

✨ ベストアンサー ✨

このグラフの横軸は、世界の人口に占める6大州ごとの人口の割合の変化を示しています。
Xは、比率が下がり続け、Yは比率が上がり続けています。
Zは、一旦比率が増加しますが、2050年には下がると予想されています。

このことから、Xは人口増加がゆるやかなヨーロッパ、Yは人口増加が激しいアフリカ、Zは現在は急激に人口増加しているけれど、ゆるやかになりつつあるアジア、と考えることができます。

一方で、このグラフの縦軸は、老年人口率を示しています。
ですから、高齢化が進んでいるXがヨーロッパ、最も進んでいないYがアフリカ、残ったZがアジアだと考えることもできます。

みゆう

わかり易すぎます😭😭😭😭😭😭ありがとうございます🙏

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?