歴史
中学生

このレポートの解答がわかりません明日提出なので誰か教えてくれませんか?お願いします。

部下E 最近孫が生まれたおばあちゃん政治家 労働者の権利を。 日本の工業化は成功した。 明治の初めの頃と比べると、 日本の工業生産額は何倍にも増加 した。 しかし、その背景には、犠牲となった人々がいることを忘れてはならない。それは 工場で働く労働者である。 彼ら (彼女ら)は信じられないくらい低い賃金で、 朝早くから 夜遅くまで働かされている。 ここにある工場の労働状況を書いた紙があるこの資料による と、朝6時から夜の9時までずっと仕事をしている。 しかもこれだけ働いて一日21銭 (今の約970円) にしかならない。 これはかなりブラックではないだろうか。 確かに 安い品物の方が外国に売れるし、 そのために人件費を安くするのは間違ってはいないが、こんなことをして工業 化しても、日本は幸せな国にはならない。 まずは労働者を幸せにしよう。そのために、労働時間を制限したり、 最低賃金を保障するなどの法整備が必要だと思う。 活動 1 自分が大事だと思う順にランキングを作ります。 部下のアルファベット名を書こう。 1位 2位 3位 4位 5位 活動2 なぜ、 その順位にしたのですか? 1位と最下位を選んだ理由を書きましょう。 1位の理由は・・・ 5位の理由は・・ 価のポイント 知識理解技能:当時の日本の情勢を正しく理解している。 思考判断表現: 説得力のある文章表現ができている。 出期限 6/27(月) の放課後に社会係が出席番号順にして、 職員室へもってきてください。
総理大臣になって日本の今後を考えよう 3年( )組( 番( ) ・あなたは日本の総理大臣です。 時期は大正時代。ちょうど第一次世界大戦のころ。 あなたのもとには優秀な政治家が 5人います。 皆あなたを支えてきた有力な腹心ですが、意見がバラバラです。5人はそれぞれ、自分の意見が一番正し いと思っていて、総理大臣のあなたの判断を待っています。この5人の意見を聞いて、 どの意見を最優先に考えるか、 そしてどの理由は何かを説明してください。 ちゃんとした理由でないと、部下があなたを裏切るかも・・・? 部下A 若くて軍人出身の政治家 軍事力を高めて戦争に勝つ。 今の世は帝国主義の世界である。 欧米はどんどんアフリカやアジアの国々を植民地化し、 勢力を拡大している。 日本は国土が狭く、 資源も少ない国である。 アメリカやロシアなどの 大国と、 同等の力を持つためには、戦争に勝ち、 広い植民地を手に入れるしかない。 植民 地さえ手に入れれば、そこから多くの資源が手に入る。 そうすればこの日本はもっともっと強い国になれるので ある。日本を世界の一流国にするためには、戦争による多少の犠牲は仕方がないのである。 外国よりも強い軍隊 を作るのだ! 朝鮮、遼東半島、 満州を取れば、 日本の経済は成長する! それこそ日本の取るべき道である。 部下B ベテランのおじいちゃん政治家 条約による国際平和を。 戦争はひどいものである。 軍人だけではなく、 何の罪もない一般市民が沢山死んでしまう。 勝っても負けても多くの悲しみが残る。 もう戦争は十分にした。 これからは、 世界の国々と平和 に条約を結んで、 お互いに仲良くしていくべきじゃ。 そのために国際連盟という組織を大事にする。 確かに日本には資源が少ない。 だからこそ、より外国と仲良くして資源を売ってもらえるように仲良くするべき である。 武器を持っていて戦争を起こしそうな国にも、ちゃんと向き合って話せば、 平和の大切さを分かってく |れるはずじゃ。 そのためにも国際連盟を発展させ、より多くの国と対等な平和条約を結ぶべきじゃ。 部下C 最近結婚したイケメン政治家 工業の発展をめざす 日本は狭い国だ。 だが、 その技術力は高く、優秀な人材も多い。 その技術力を有効に活用 するためには、今以上に工業を盛んにする必要がある。 資源の少ない我が国が発展するため には、工業製品を外国に売るしかない。 まずは、国内に工場を建設する時に政府が補助金を 出し、 工場の数を増やしていこう。 さらに、 海外の進んだ技術を学べるように外国人の講師 を招き、より効率的な生産を目指す。 特に海外には生糸や絹織物がよく売れると聞く。 日本を世界トップのもの 作り大国にするのだ。 そしてなるべく安くて、 質の良い製品を大量に輸出し、 日本を発展させよう。 MAX 部下D キャリアウーマンの女性政治家 農業の充実こそ大事。 日本はこのままでは滅びる。 何故ならば、農業の人口が減ってしまうからだ。 理由は急激な 工業化だ。 今まで、 畑や田んぼだった土地が工場になり、 農家だった人が、 工場の労働者になっ ていく。これではいけない。 人間の基本は衣食住である。 さらにその中でも最も大事なのは食 である。その食を支える農業を軽視しては、 未来の日本は、 食料自給率が低い国となり、 外国 の食料に頼る国になってしまう。 また、 工場からの排水などで汚染され、 作物がとれなくなった土地もあると聞 く。 これは間違いなく工業化の害悪だ。 このまま、 農業を軽視すれば、いつか凶作になった時に、食べ物がなく なり、日本中が餓死してしまうかもしれない。よって、農業を行う人に補助金を出して、 農業を発展させよう。
レポート

回答

1位部下D
2位部下B
3位部下C
4位部下A

1位を選んだ理由は、日本は他の国にできるだけ
頼らずに生活するべきだと考えたからです
そう考えたのは日本が頼りすぎてしまうと
いざ裏切られてしまったときに日本が滅びて
しまうのではないかと感じ、そして
日本の農業が発達すると他の国にも輸出することが
できると思います
これらから私は新たな若手育成のためにも
日本のためにも農業を発達させるべきだと思いました

5位の理由は戦争をする意味がないと考えたからです
日本を世界一流の国にするには戦争による多少の犠牲は仕方がないと書かれていますが
私はそうとは思いません
多くの人を苦しませ、多くの人を殺した国に
住みたくないからです。日本だけのために
たった1つの地球を壊すのはどうかと思います

こんな感じでどうでしょうか
遅い時間ですが間に合うことを祈ります!

Yunao

1位の文では「輸出できると思います」と
ありますが正しくは
「輸出できると思ったからです」

5位の文は最後の文に
どうかと思います
「なので私は部下Aの意見に反対です」と
入れてください

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?