国語
中学生

不便の価値を見つめ直すをに200文字程度で要約します。中学1年生の国語の授業です。分からないので教えてください*_ _)

約 (約す 不優,便利の説明 ピック センデス 2リ返す。 キャワード 不便の よい面 便利の よい面 話題 不使 不使の 職い面 便利の 便利 わる =悪い 意い面 三よい 図12 25 図1) 何バaて 価利のう ーフ祭と合っていうノ の d0 J° 響る 本当に人の生活を豊かにするデザインなのだろうか、 ミH 浩司 に、便利になることで楽になるという側面はある。そして、そ」 れが必要な場面もあるだろう。しかし、-様に便利さばかりを 追求し続けることで、私たちの生活や社会は本当に豊かになっ ていくだろうか。一今、便利の追求以外の新たな発想が求められ ているのではないか。 このような考えから私が着目したのが、これまで見過ごされ 『不便でよかった。」と感じたことはないだろうか。 こう尋ねると、たいていの場合、けげんな顔をされる。「便利 てよかった」ならばわかるが、「不便てよかった」とはどういう |Sildにつ ことか、不便でよかったことなんてあるはずがない、というわ けだ。そこにあるのは、「便利はよいこと」で「不便は悪いこと」 てきた 『不便」の価値である。私は、不便だからこそ得られる という価値観である。実際に、今の世の中は便利であることを よさを 不便益」とよび、その発想を新しいデザインに生かせ もてはやすものてあふれている。テレビやインターネットのコ e 日々研究している。 マーシャルを見ていると、「手間要らずで、なんて便利」「もっ ともっと便利に」という調子のものが多い。 すそもそも、「不便」とはどういうこと う私の専門である機械の設計や工業デザインの分野でも、長い だろう。ひとロに「不便」といっても、 名間、便利を追求することが大きな指針であり続けてきた。手間 がを省き、便利を追求することこそ、人の生活をかにすること 指だと考えられてきたのだ。 使う人の手間がかからないよう、ま 人によってその言葉の捉え方はさまざ まだ。それてはしっかりとした分析や議 論ができないため、ここでは、何かをす た使う人が迷ったり考えたりしなくてもよいようにと、使い方 るときにかかる労カが多いことを「不 が複雑なものは単純化され、自動化や効率化、高機能化が進め られた。以前より手間のかかるものをわざわざ開発することな ど、想像もできない 便」とよぶこととしたい。今まり 手間 がかかったり、頭を使って考えなければ く ならなかったりすることを「不便」、手虫 *私も、元は設計の自動化について研究していた。何か欲しい ものがあれば、自動的に設計してくれるコンピュータを作れた らどんなにかすばらしいだろうと考えていたのだ。ところが、 間もかからず、頭も使わなくてよいこと を「便利」とする。 あるとき、次のような疑問が生じた。全てを自動化てきれば確 すでに述べたように、一般に、「便利 かに楽にはなるが、その分、自分で考えることによって得られ ばよいこと」てf不便は悪いこと」だと 思われがちだ(図-0)。しかし、私はそ
213 イメージ 15,16 本ん 6.7 介護始設内の急な階段 の能国のでこにこな満庭 ト 広がるというよさがあるのだ。 ニつ目は、施設のデザインの事例である。施設のデザインに ついては、段差をなくすバリアフリーという考え方が広く知ら れている。バリアフリーは、足腰の不自由な人、車椅子やベビ うではないと考える。必ずしもいっも「便利はよいこと」て「不 便は悪いこと」というわけてはなく、「便利」の中にもよい面と 悪い面があり、「不便」の中にもよい面と悪い面があると考える ーカーを使う人などにとって、必要なデザインである。社会全 体にバリアフリーが普及するのは、もちろん望ましいことだ。 ところが、あえて段差や坂、階段などのバリアを生かしたり、 のだ。そうすると、「不便のよい面」と「便利の悪い面」という 新しい視点が生まれる(図I@)。 (それては、「不便のよい面」には、具体的にどんなものがある だろうか,私はこれまで、冒頭の問いをたくさんの人に投げか わざわざ設けたりしている介護施設がある。バリアがあること け、「不便のよい面」、つまり「不便益」の事例を集めてきた。 で、人居者の労力は増える。しかし、バリアを克服しながら日 初めこそけげんな顔をしている人も、「不便」の定義や事例を伝 常生活を送ることが、人居者にとって えると、自分なりの「不便益」の事例を教えてくれることが多 は、そのまま身体能力の低下を防ぐ い。以下では、そうして集めた事例の中から、「不便益」の具体 実践になるというのである。同様に、 例をいくつか見てみよう。 園庭をわざとでこぼこに設計してい る幼稚園もある。このように、「身体能 一つ目は、移動方法についての事例である。ある地点から目 的地まで、徒歩で移動する場合と乗り物で移動する場合を比較 してみよう。例えば、タクシーと徒歩とを比べると、徒歩のほ カの低下を防ぐ」「身体能力を向上さ うが時間がかかったり疲れたりするので「不便」だ。その点、 せる」というのも、「不便益」の一つと タクシーのほうは、 日的地を伝えれば、あとは座っていられる 考えられる。 のだから「便利」である。とはいえ、旅行のときなどには、タ ミつ目は、工場での生産方式の事例 クシーよりも徒歩を好む人も多い。タクシーに乗っていれば気 である。エ場で何らかの製品を作ると づ かずに通り過ぎたであろう場所にふらっと立ち寄り、人や景 》 きの代表的なやり方としては、「ライA 色との出会いを楽しむことができるからだ。同じように、普段、 ン生産方式」と「セル生産方式」があ 大学までバイクで通学していたある学生は、バイクが壊れてし まい、やむをえず徒歩で通学したことがきっかけで、その後、 何度も訪れることになるお気に入りのお店に出会えたという。 f真で緑く あ かにそ る。ライン生産方式は分業型だ。組み 立てる製品が目の前を次から次へと 流れて来て、各作業者は自分が担当す A ん の撃 らない手順や作業量は比較的少なく、 作業者の負担はセル生産方式よりも軽 L- 茶 きくなるのだ。なお、「つの事例に複数の「不便益」が含まれ ることも少なくない。例えば、タクシーよりも徒歩のほうが発 くなることが多い。これに対してセル 生産方式では、一人あるいは少人数で、 見や出会いの機会が増えるとともに、運動
図22 セル生産方式のイメージ 図21 ライン生産方式のイメージ 理安 ベー ラョン 14,15,16 しまめ 14,<リかえレ る作業を繰り返す(図20)。限られた スセ 中 手 R つ たときの違が屋が 何度も訪れることになるお気に入りのお店に出会えたという。 まり、主fの進のりがあるからこそ、出会いや発見の撃 が8 作業を繰り返すのて、覚えなけれにな ることも少なくない。例えば、タクシーよりも徒歩のほうが 見や出会いの機会が増えるとともに、運動能カの低下を防ぐ きくなるのだ。なお Tつの事例に複数の「不便益」が含主 らない手順や作業量は比較的少なく、 S 作業者の負担はセル生産方式よりも軽 くなることが多い。これに対してセル とにもなる。 これらの「不便益」は、「不便」だからこそ得られるもの 「便利はよいこと」で「不便は悪いこと」という固定観念に 生産方式では、一人あるいは少人数で、 複雑な製品を初めから最後まで作り上 げる (図2の)。作業の内容はライン生 らわれ、ただ無批判に「便利」なほうばかりを選んでいては 産方式よりも多様て複雑になるので、 2「不便」の価値を見落としてしまうそらと「便利はよいこと という考えの下、社会全体が「便利」だけを追求していけば、 私たち一人一人は自分でどちらかを選ぶことすらできないまま 知らぬ間に、本来得られていた楽しさや喜びが失われたり、自 作業者一人一人にかかる負担は重くな る。「しかし、自分のカで一つの製品を一 |丸ごと組み立てるということは、全体 |を見渡すことができ、自分なりにエ夫 できる余地が大きくなるということて 分の能カを発揮する機会が奪われたりすることになるだろう。 誤解してほしくないのは、私は便利であることを否定し、昔 |もある。それは、作業者のモチベーシ ョンを高めるとともに、技術力を高め の不便な生活に戻ろうと言っているわけでも、不便なことは全 てすばらしいと考えているわけでもないということだ。「不便」 だからこそ得られるよさがあることを認識し、それを生かして 新しいデザインを創り出そうというのが「不便益」の考え方な のである。今、この考え方に賛同する仲間たちによって、自動」 ることにもつながる。 こうして集めた事例を整理すると、不便益」とは何かが浮か び上がってくる。まだ整理の途中の段階ではあるが、主には次 、のようなことが挙げられるだろう。 まず、物事を達成するのにかかる時間や道のりが多くなる分、 発見や出会いの機会が増える。 車の運転支援の在り方や観光ツアーの仕掛け作りなど、さまざ まな分野で新たな研究や提案がなされ始めている。 西不便益」は、物事のデザインだけでなく、日常生活にも生き る発想だ。あなたの日々の生活の中で、「不便で嫌だな。」「面倒 体力や知力、技術力の維 持や向上を促す。自分の体や頭を使うことが、自然と体力·知 f·技術カの低下を防ぎ、それらを向上させるからだ。また、 不便」てあることは、人間の意欲を向上させる効果もある。 自分で考えたりエ夫したりする余地があるからこそ、取り組む くさいな。」と思ってさけてきた物事の中に、実は、新しい気づ きや楽しみが隠れているかもしれない。これまでの常識とは異
不便の価値を見つめ直す
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?