回答

✨ ベストアンサー ✨

ブラジルが独立したのは1822年。この頃から、コーヒー栽培が盛んになったそうです。
ということは、植民地時代には、コーヒー栽培は盛んではありませんでした。

ブラジルの気候とテラローシャと呼ばれる土がコーヒー栽培に適しているので、コーヒー栽培が盛んになりましたが、コーヒーの生産だけに頼る「モノカルチャー経済」でした。
50年前はコーヒーの輸出が半分を占めていましたが、コーヒー価格の変化に国の経済が左右されるので、産業の多角化を進め、コーヒー以外の農産物や資源の生産に力を入れるようになりました。
現在は割合で見ると、コーヒーの輸出は小さいですが、金額的には増えています。その分、他の農産物や資源の輸出が増えた、と考えてください。

Miya🎇

とても詳しい説明ありがとうございます🌸
理解出来ました😭✨✨感謝です!!!

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

昔、ブラジルはヨーロッパの植民地で、コーヒーを無理やり作らされてたんです。
けど、今は独立して国でよく取れる鉱山物を輸出するようになったyo.

Miya🎇

なるほど、、
ちゃんと背景があるのですね✨
ありがとうございます🌷.*♡

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?