回答

✨ ベストアンサー ✨

地図帳で都市などの場所を探すときに、索引を使います。
索引には、地名が五十音順に並んでいて、その場所がページ・縦・横といった順に表示されています。

たとえば、画像のような地図帳があったとして、
シアトル…39A2、
ワシントンD.C.…40F3
といったように書かれています。

シアトルは39ページのAの列と2の列の交わった四角の中にあり、
ワシントンD.C.は40ページのFの列と3の列の交わった四角にある
ということです。

ちょうど、教室の座席で○○さんは前から何列目で、廊下側から何列目、という表現と同じです。

分かりやすくて感動しました😭
助かりました。本当にありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選