PromotionBanner

回答

こんにちは。
⊿APBの面積を2等分するためには、底辺を2等分すれば良いことはご存知かと思います。
それを利用すると、⊿APBはABを2等分したところとPを結ぶ線で分けることにより面積が2等分されますよね。
つまり、解く手順としては、
1、A、Bの座標を求める。
2、ABの中点を求める。
3、ABの中点とPとを結んだ直線の方程式を求める。
これで答えが出てきます。

頑張ってください。Good day!

この回答にコメントする

直線とABの交点をCとすると、△APCと△BPCができます。
この2つの三角形の面積が等しくなればいいということですね。

まず、三角形の面積の求め方は 底辺×高さ÷2 です。
APCと△BPCは図を見ると、高さが同じだとわかります。つまり底辺の長さが同じであれば、底辺も高さも同じになるので面積は等しくなります。

となると、AC = BCとなれば良いので、Cの位置はABの中点ということがわかります。

直線はCとPを通るので P、 Cの座標を求めれば
あとは簡単に直線の式がわかります。

ゆい

ありがとうございます😭

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選