PromotionBanner

回答

化学工業の比率が一番高いのがイで、低いのがウです。
イはAで、市原に石油化学コンビナートがあるので、化学工業の比率が高くなっています。また、製鉄所が君津にあるので、金属の比率も高いですね。
ウは逆に、内陸部なので化学工業の比率が低いと考えられます。だからC。
日本の化学工業は石油化学が中心ですが、原油のほぼ100%を輸入しているので内陸部だと立地条件が不利になります。機械工業の比率が高いのは自動車工場が立地しているからでしょう。
残ったアがBになります。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選