地理
中学生

石油コンビナートと石油化学コンビナートの違いを教えてください。

回答

✨ ベストアンサー ✨

石油コンビナート
原油を精製してガソリンやナフサ等にする物

石油化学コンビナート
石油コンビナートでできるナフサを原料にし、ビニールやペットボトルなどのプラスチックの原料を作るような設備のことです!

分かりにくかったらごめんなさい、!

Manami

すごくわかりやすいです!ありがとうございます!

𝙠𝙤𝙣𝙤

ほんとですか!
なら良かったですᵒ̴̶̷̥́~ᵒ̴̶̷̣̥̀ ♡

この回答にコメントする

回答

石油コンビナート
:原油を精製して、ガソリンやナフサ等にするもの。まず、原油を大きな塔の中で温めて沸騰させます。そうすると液体が気体になりますよね。気体になった原油は塔の上へ登っていきます。そうすると温度が下がって冷えていきます。10m=200℃、20m=150℃みたいに。それで例えば 5mのところでとれたものをナフサ、10mのところでとれたものをガソリン、20mでとれたものを軽油、みたいな感じで仕分けやすいです。
石油化学コンビナート
:石油コンビナートでできるナフサを原料に、ビニールやペットボトル、プラスチックの原料を作るような設備を言います。
(コンビナートはパイプラインなどで結び、効率よく生産するために作られた地域。石油製品を生産するのが代表。)

Manami

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選