地理
中学生

雨温図がどうしても覚えられません。雨温図のいい覚え方があったら教えてください🙏🙇‍♀️💦

PromotionBanner

回答

世界地理では5つ(細かく分ければ8~10)、
日本地理でも5つの特徴を掴めれば充分です。

雨温図の問題に限れば、気候区分の名称は暗記しなくても解けます。

世界地理から説明しますが、世界の気候は大きく5つに分かれています(下の画像1枚目)
超大まかに分けると、赤道→二極に向かって「熱帯→乾燥帯→温帯→冷帯→寒帯」の順番です。
世界地理に関しては、名称から、何となくどのような特徴の気候かは想像しやすいと思います。
(例:乾燥帯→降水量が少ない雨温図を選ぶ、温帯→四季があるから気温差が激しい雨温図を選ぶ、など)
あとは、問題に出された国(だいたいの問題は地図が示してあります)が、どこに位置しているかによって、その特徴を答えれば答えられるはずです。
欲をいえば、砂漠の位置を覚えるとかなり解きやすくなりますよ(再頻出として、アフリカ大陸のサハラ砂漠の位置を覚えましょう)

次に日本地理ですが、
「北海道/日本海側/太平洋側/中央高地/瀬戸内」の5つです(下の画像2枚目)。
こちらは、ほぼ名称から地図上のどの地域を指すかを想像しやすいと思います。
それを
北海道→とにかく気温が低い(特に冬場)
日本海側→冬に降水量が多く夏は少ない
太平洋側→夏に降水量が多く冬は少ない
中央高地→冷涼で降水量が少ない
瀬戸内海→年間を通して降水量が少ない
の5つで判断します。
こちらもだいたい問題で地図が示されているはずですので、その地図上の位置から、どのような気候にあたるかを考えます。
自分が住んでいる地域の特徴と照らせば1つは絶対覚えられますし、本州を太平洋/日本海側と2分して、中央高地と瀬戸内を例外と覚えるのが良いと思います。

雨温図は、大量暗記の分野ではありません。
あと、紛らわしい選択肢が出されにくいです。
はじめは教科書/参考書で気候についてまとめられたページを参照し、問題ではそれに当てはめて解いてみると良いですよ!

この回答にコメントする

申し訳ないですが、「覚え方」となると「丸暗記」しかないと思います。12しかパターンがありませんから。

私は、雨温図は気温と降水量のグラフですから、「覚える」かどうかではなく、「読める」かどうかだと思います。
数学の時間に出てくるグラフを「この形は…」と覚えたりすることがないのと同じです。

では、どこに気をつけて読めば良いのかというと、
まず、気温を示している折れ線グラフを見ましょう。
  最高気温と最低気温がそれぞれ何度くらいか→ケッペンの気候区のA・C・D・Eのどれかがわかります。
そして、最低気温は何月か→北半球か南半球かがわかります。

次に降水量を示している棒グラフを見ます。
  年中雨が降っているか、特に少ない時期がないか、ほとんど降らない時期があるか。
    →B(乾燥帯)かどうかや、f・s・wの違いがわかります。
     気をつけるのは、冬に雨が少ない、夏に雨が少ないと言うときに、冬が「何月」かを間違えないこと。
     気温の折れ線グラフをみて、南半球は季節が逆ですから「気温の低い季節が冬」と確認してください。

以上のことを考えながら、教科書や地図帳にある雨温図をじっくり見てみましょう。
きっと、「グラフを読むコツ」がつかめると思います。
それに、ここでつかんだ「グラフを読むコツ」は、他のグラフを読むときにも使えますから。
健闘を祈ります。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選