Questions
大學

宇治拾遺物語の現代語訳お願いしたいです

項目に回を入れよう。 )ロその他 問- 2 「説話 3点 >本誌P6. DJ 3pのがたり す 『宇治拾遺物語』編者未詳 あやしと思ひ この鹿の目の間の、 例の鹿の目のあはひよりも近くて、 目の色もかはりたりければ、 矢を外して火取りて見るに、「鹿の目には て、弓を引きさしてよく見けるに、なほあやしかりければ、 あらぬなりけり」と見て、「起きば起きよ」と思ひて、 近くまはし寄せて見れば、 身は一定の皮にてあり。 「なほ鹿なり」とて、 また射んとするに、 なほ目のあらざりければ、 ただうちにうち寄せて見るに、法師 鹿をり」とて見れば、 この聖目 の頭に見なしつ。「こはいかに」と見て、 おり走りて火うち吹きて、 うちたたきて、鹿の皮を引き被きてそひ臥し給へり。 「こはいかに、 かくてはおはしますぞ。」と言へば、 ほろほろと泣きて、「わ主が制することを聞かず、 いたくこの鹿を殺す。 我鹿に代はりて殺されなば、 さりとも少しはとどまりなんと思へば、かくて射られんとしてをるなり。 口借しう射ざりつ。」とのたまふ に、この男臥し転び泣きて、 「かくまで思しけることを、 あながちにし侍りけること。」とて、 そこにて 刀を抜きて、 弓たち切り、 胡錬みな折りくだきて書切りて、 やがて聖に具して法師になりて、 おはしけるが限り聖に使はれて、 聖失せ給ひければ、 またそこにぞ行ひてゐたりけるとなん。 N 本誌の問題の解答を書きこもう一 |内容|を確認しよう

解答

尚無回答

您的問題解決了嗎?