学年
小学生
教科
作文

地球でちっぽけな恋

2

147

0

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=20420642481e9224d9585391beaef99f52144898ddfcc57a4c064aae96fd764c

不思議の国のアリス

「夏恋っ!!」
「なによ?奏太。」
「あさってのお祭りいっしょに行こうぜっ」
「急にどうしたの?」
「友達と行くはずのが、外れちゃってさ☆」
「代わりか、、、。」
「夏恋、どうしたんだ?」
「ううん。」
夏恋は、中学生。幼なじみの奏太と祭りに行こうとしていたところ。
「よかったじゃん。夏恋。」
「ほんと、奏太くん、カッコイイわぁ、、。」
「俺はっ!?」
「急に何よ。雫。」
「気になってさ。」
「言うんなら、、、。普通、、、かな?」
「普通ってなんだよ!?俺は夏恋のこと、可愛い女の子って思ってるよ?」
「な、何よ!?おせじやめてよね!///」
「あははー。恥ずかしがってる夏恋は可愛いな。写真ぱしゃ」
「うあああ!やめてよぉ!!早く消してよお。」
「いやだよーだ!」

「ねえ!夏恋ちゃんっ♡こっちちょっときてっ♥」
「美香ちゃん?どうしたの?」
「こっちきて♡♥」

1章終

コメントはまだありません。

PromotionBanner

このノートを友達に教えよう!