公開日時
更新日時

中3理科 質問

0

91

3

このノートについて

みかん

みかん

コメント

はりゅ♪

「動滑車」がポイントです!!

三代目本田屋

こんにちは。
まだわからないですか?
動滑車は、その荷物を上げる力は半分ですみますので、
動滑車を使って1.2Nとハカリが示した場合、
それと同じ力が、ひもの部分にかかるので、
ひもにも同じ1.2Nがかかるんです。
なので1.2×2=2.4Nが物体と動滑車の重さの合計になり、
物体は200g=2Nなので
2.4-2=0.4N=40g
という事になります。

もう一度言うと、
動滑車では、引き上げた力と同じ分の力が他にかかっているので、半分の力で済むのです。
ただし、最終的には同じ仕事量をしなければならないので
半分の力で持ち上がる時には、持ち上げる距離が2倍になります。
それが次の問題につながってますね。

頑張ってください^_^

みかん
著者

みなさん、コメント&図ありがとうございました(´;ω;`)おかげでわかりました!!
これを参考に、勉強頑張ります

このノートを友達に教えよう!