公開日時
更新日時

自立救済が広まる社会 ①②

1

115

0

このノートについて

Ibu(♡´艸`)

Ibu(♡´艸`)

鎌倉時代には、開墾だけでなく、同じ面積土地からいかに多く収穫するかが重視されるようになった。室町時代後半には、農業技術はいっそう向上し、米と麦などの─二毛作─は西日本中心に広がって、稲の品種も増加した。 室町時代になると、朝鮮・中国・琉球などからの輸入品の取り引きも増加し、毎月決められた日に開かれる─定期市─も、月3回から月6回に増えた。陸上の輸送では、─馬車─や─車借─が活躍した。

PromotionBanner

コメント

コメントはまだありません。

このノートを友達に教えよう!