公開日時
更新日時

asの用法ー様態を中心とした発展

3

110

0

このノートについて

Boojum

Boojum

p7. rather he for→heが不要
p12. wasの前で...→wasで切れて、主節の一部(fond of him)を受ける
画像はSamuel Johnson

PromotionBanner

コメント

コメントはまだありません。

このノートを友達に教えよう!