Japanese classics
高中
已解決

なぜ下二段活用動詞の「植う」「飢う」「据う」はワ行なんですか?

解答

✨ 最佳解答 ✨

「植う」「飢う」「据う」がワ行の下二段活用動詞である理由は、日本語の歴史的な音韻変化に関係しています。

1. **音韻変化の歴史**:
古典日本語において、動詞の活用は現在のように体系的ではなく、時代の流れとともに音韻変化が生じました。特に、母音の後に続く音が変化することが多く、「う」音が「ワ行」に変わる現象が見られました。

2. **語幹と活用語尾の関係**:
「植う」「飢う」「据う」はそれぞれの語幹に「う」音が付く形で形成されています。この「う」音が次のように活用します:
- 未然形: 植え(うゑ)、飢え(うゑ)、据え(すゑ)
- 連用形: 植え(うゑ)、飢え(うゑ)、据え(すゑ)
- 終止形: 植う(う)、飢う(う)、据う(う)
- 連体形: 植う(う)、飢う(う)、据う(う)
- 已然形: 植えば(うえば)、飢えば(うえば)、据えば(うえば)
- 命令形: 植えよ(うゑよ)、飢えよ(うゑよ)、据えよ(すゑよ)

3. **ワ行音の出現**:
「う」が「ワ行」に変わる理由の一つは、日本語の発音体系が変化し、古典期の終わり頃には「ウ段」の母音が「ワ行」音に変化することが一般的になったためです。

このように、「植う」「飢う」「据う」がワ行下二段活用動詞となったのは、歴史的な音韻変化と日本語の発音体系の変遷によるものです🙇

ソル

こんなにも丁寧に教えていただいてどうもありがとうございます😭

留言
您的問題解決了嗎?