Chemistry
高中
已解決

実験(1)でどうしてNaClやNaHCO3が水に溶けて、Al2O3は溶けないのですか?何か理屈ありますでしょうか?

*179.〈無機化合物の推定〉 A~Gの細かい粉末がある。これらは,次の(ア)~(キ)の化合物のうちのどれかである。 (ア) AgCl (イ) Al:O3(ウ) CaCO。(エ) CUSO』(オ) FeCl3 (カ) NaCl (キ) NaHCO。 以下の文章を読んで, A~Gに対応する最も適切な化合物を(ア)~(キ)から選べ。 A~Gの粉末をそれぞれ0.1gずつ試験管に取り,以下の実験(1)~(4)のように水また は酸,塩基の水溶液を十分な量(10mL 程度)加えて, それぞれの粉末が溶けるか溶けな いかを調べた。なお, 溶けるか溶けないかの判断は, 水や溶液を加えた後,変化がなく なるまで待ってから行った。 実験1):A~Gの粉末は水老加えたところ, A, B, C, G は容易に溶けたが, 残りは, ほとんど溶けなかった。なお, A, G の水溶液には色がついていた。 実験2):A~Gの粉末に2mol/Lの希塩酸を加えたところ, D以外はすべて溶けた。 な お, C, Eは, 溶けるときに気体が発生した。 実験3):A~Gの粉末に2mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を加えたところ, B, C, F は溶けたが,残りは溶けないか, 反応によって沈殿を生じた。 実験(4):実験3)で溶けずに残った粉末や,生じた沈殿を分離し,これらを別の試験管に 移して,2mol/Lのアンモニア水を加えたところ, D, G は溶けたが, 残りは溶 けなかった。 十当干々
179 A…オ B…カ C…キ D…ア E…ウ F…イ G…エ 水にた D, E, F は , Al:O3, 。 で。 実験2)(1)で水にのD,E,Fの,にないDは 。 さらに,気体を発生してEは , Fは Al:O3o D※ CI-は と難と ら式は、 に 気体を発生しているのでEは CaCOs, 残るFは Al:O3。 CaCle + HO+ CO2 書けるよ Ba°+ の化一 → E CaCOs + 21HCI - の※ Al:O- 件下で F ALO, + 6HCI → 2AICI3+3H-O は起こ BCのうち, 希塩酸と反応して気体が発生する[Cは NaHCO。 C NaHCO3 + HCI → NaCI + H2O + CO。 残る回は NaCl, これは水に溶けやすいから希塩酸に溶けている。 実験3) A, G はともに水酸化物の沈殿を生じる。 の※ *○〇○ り, CuS は なお 性の Fe3+ (HO)no 実験4) D, G はNHsと錯イオンを形成して溶ける。よってGは CUSO。 -HO ように Cu?+ -HO (HO)e」 設菌 NH。 D AgCI NH3 実験3)で Cu(OH)2 残る国は FeCl。と決定される。 + CI G CUSO。 +[(°HN)nO] F

解答

✨ 最佳解答 ✨

これも無機化学の暗記事項です
O2-とせっかくなのでついでにOH-は基本的に金属イオンと沈殿を作るイオンです。
(例外:アルカリ金属イオン、アルカリ土類金属イオン)

その沈殿は強酸性にすると溶けますが、
前のQAで言ったように、SO42-と鉛、アルカリ土類金属イオンは沈殿を作る組み合わせですから、
希硫酸を加えてもPbOやCaOHといったものは溶けず、硫酸イオンとの新たな沈殿ができます。

(鉛もSO42-と沈殿作るって言い忘れていた気がしました)

もともと

質問が重なってしまいすいませんでした🙇‍♀️

丁寧な解説ありがとうございます✨

留言
您的問題解決了嗎?