学年

教科

質問の種類

数学 中学生

確かめ3、問5,6が合っているか見てください! ご回答よろしくお願いします!

(yの増加量)=ax (αの増加量)ア また、前ページの (*) の式から, 次の式が成り立つ。 1次関数の変化の割合は, æの増加量が1のみ ときの」の増加量に等しい。 xの値が増えると、 yの値はak増えると いえるね。 5 このことから,yの増加量はの増加量に比例する ことがわかる。 たしかめ 1次関数y=1/2x-2で, x 135 3 の増加量が1のときのの増加量を 求めなさい。また,の増加量が10のときのyの増加量を 求めなさい。 10 問5 下のア~⑦の表は,1次関数y=ax+bで,対応するxとyの 値の関係を表したものです。 ア~⑦の中から、変化の割合が3であるものを選びなさい。 IC -3 -2 -1 0 1 2 3 y -1 20 1 2 3 4 5 ⑦ ウ IC -3 -2 -1 0 1 2 3 y -7 -4 -1 2 5 8 11 IC -6 -4 -2 0 2 6 y -6 -3 0 3 6 9 12 6 さくらさんは,反比例の変化の割合について, 1次関数と みんなに 説明しよう 同じようなことがいえるかを考えています。 反比例の式を 24木 y= (x>0) としたとき, 次の問いに答えなさい。 IC (1) xの値が次のように増加するときの変化の割合を 求めなさい。 ① 1から3まで ②2から6まで (2) 反比例の変化の割合について, 1次関数と同じようなことが いえるでしょうか。 また, その理由を説明しなさい。

解決済み 回答数: 2
数学 中学生

バツをつけているところがわからないです。(2)解説の差が6の時は12番目の模様、、で、どうしたら12番目と求めれるんですか? 規則を探して式を立てようとしているのですが全然立てれません😭

UNIT 同じ大きさの正方形の形をした黒のタイルと白のタイルを使い, 図のように模様を作っていく。 の手順で、下の また、下の表は、模様の番号, 黒のタイルの枚数と白のタイルの枚数、白のタイルの枚 数から黒のタイルの枚数を引いたときの差についてまとめたものである。 このとき,次の問いに答えなさい。 ただし、表はあてはまる数を一部省略している。 手順 ア黒のタイルを1枚置いたものを1番目の模様とする。 <富山県> イ 1番目の模様の下に, 左端をそろえて白のタイルをすき間なく2枚置いたもの を2番目の模様とする。 ウ2番目の模様の下に, 左端をそろえて黒のタイルをすき間なく3枚置いたもの 3番目の模様とする。 エ 以下,このような作業を繰り返して, 4番目の模様, 5番目の模様とする。 図 1番目の模様 2番目の模様 3番目の模様 4番目の模様 表 模様の番号(番目) 1 2 3 4 5 6 黒のタイルの枚数 (枚) 1 I 4 4 A 白のタイルの枚数(枚) 差 0 2 2 6 -1 1 -22 B [1] 上の表のA. Bにあてはまる数をそれぞれ求めなさい。 × [2] 差が6のとき,何番目の模様か求めなさい。 答え また、そのときの黒のタイルの枚数を求めなさい。 答え 図形の規則性の問題 [3] 黒のタイルと白のタイルがそれぞれ200枚ずつある。 手順にしたがって、できるだけ多く のタイルを使って模様を作るとき, 黒のタイルと白のタイルはそれぞれ何枚使うか求めな さい。 答え | 23 |

解決済み 回答数: 1
1/1000