理科
中学生

摩擦力と引っ張る力は同じ力の大きさで、ものが動くのならばひっぱる力の方が大きいことは分かるのですがそうするとなぜ2枚目の公式に当てはまるのですか?

摩擦力の大きさ 大きさやふれぞ 人6摩擦力に逆らってする仕事 レノ
グマ きょ り ァ 仕事(J] 摩擦力の大きさ〔N] 陳かした華mビ |

この回答がベストアンサーに選ばれました。

そもそもの仕事の定義が何かわかっていますか?

存在する力に逆らうことであってますでしょうか??

ブドウくん

違います。
物体に力を加えて動かしたとき、力は物体に対して仕事をした、といい、一定の力F(N)でx(m)動かしたとき
仕事W=(力F)×(距離x)
が成り立ちます。
これは、こういう決まりなので理由も何もありません。
ちなみに、摩擦力と引っ張る力は同じ力の大きさで、ものが動くのならばひっぱる力の方が大きいというのは、少し間違っています。普通、問題として出てくるのであれば問題文には「ゆっくり」動かした。と書いているんですが、このように書いているときはつり合いを保ちながら動かしたと考えるのが自然です。確かに、普通同じ力だと動かないんですが、ほぼ同じ力だと近似してつり合いを考えてもよいということになります。

丁寧にありがとうございます🙇‍♀️
理解出来ました!助かりました(^_^)

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】