日本史
高校生

壱与が使いを送った先が、「西晋」と書いてあるのと「晋の都、洛陽」と書いてあるのと、「帯方郡」と書いてあるのがあります。
同じという事ですか?

壱与 弥生時代 小国分立 洛陽 邪馬台国 卑弥呼

この回答がベストアンサーに選ばれました。

同じです。

晋の都は、洛陽です。

また、晋は一度滅び、翌年、再建されています。
一度滅んだ晋を西晋、再建された晋を東晋といいます。

台与が使いを送ったのが、確か266年?あたりだったかと思います。
西晋が滅びたのは316年。

台与が使いを送ったのは、晋(西晋)の都の、洛陽です。

はる

さっきまで「帯方郡」についての記述はなかったような??
追記します。

帯方郡とは、中国が朝鮮半島においた軍事拠点です。
卑弥呼は帯方郡に使いを送り、帯方郡を通じて魏に朝貢しました。

台与の時代も、同じように帯方郡に使いを送り、帯方郡を通じて晋(西晋)に朝貢しています。

帯方郡と晋は、同じではありませんが、「晋に朝貢するために使いを送った」という意味では一緒です。

莉子

帯方郡はあとから付け足しました💦
本当に有難うございます!助かりました!

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】