世界史
高校生

中世末期のヨーロッパにおいて神聖ローマ帝国(ドイツ)と北イタリアの中央集権化が進まなかった理由を教えてください。
南イタリアについての言及は無しで大丈夫です。

中世末期ヨーロッパ 神聖ローマ帝国 イタリア

回答

北イタリアは元々、とても厳しい環境です。南イタリアと比べても酪農が中心でしたし、そういった背景から都市国家が発展しました。当然ですが、それぞれの都市は地方分権を求めます。その結果、神聖ローマ帝国に組み込まれても教皇派が多かったりして、中央集権は難航しました。
神聖ローマ帝国は、顕著な中世的封建制が見られました。ドイツ諸侯のそれぞれに特権が与えられており、またローマ王(ドイツ王)になるには選帝侯会議を通さなければいけませんでした。つまりはカリスマ性がない限りは神聖ローマ帝国皇帝は諸侯に機嫌を伺う必要があったのですね。強力なリーダーが生まれにくい神聖ローマ帝国では、次第に国という枠が崩れていったのです。

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】