現代社会
高校生

金本位制では、通貨発行の裏付けとして金などを必要とし、通貨の発行量が金の保有量によって制限される。管理通貨制度では金の保有量に関係なく通貨を発行できる。

この、金の保有量によって制限されたり、保有量に関係なかったりの意味がよくわかりません、、
詳しく説明してくださる方お願いします🙏

現代社会 金融 本位制度 金本位制 管理通貨制度

回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

金本位制度は中央銀行が持つ金の量によって通貨の発行量が決まる制度のことです。
1000万円分の金を持っていたら世の中に出回る通貨の合計金額は1000万円以下にしないといけないのです。金は1グラムあたりの金額は決まっているので通貨の価値は安定します。
しかし世界恐慌で景気が悪い時に通貨を増やすことができないという問題が起きました。 なので現在は管理通貨制度にし、金の量など関係なしに中央銀行が景気に合わせて通貨量を調整するという方法が採用されています。

長文になってしまい申し訳ありません。わからないところが有れば気軽に質問してくださいね。

ぁ〜

よく分かりました!!!本当にありがとうございます🙏助かりました😭

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】