回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

変形前は x+(y-1)i という複素数の絶対値が1
という複素数としての情報。
その複素数を複素数平面上で考えると原点からの距離が1の円になるので、その複素数の実部(x)と虚部(y-1)の関係を表した式が
x^2+(y-1)^2=1
複素数を複素数平面で表現した時に実部の二乗と虚部の二乗が原点からの距離の二乗になるので。

つまり変形前の式は複素数としての式、変形後の式は実部と虚部の関係だけに注目した式、というイメージですかね。

mmm

ありがとうございます🙂

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】