古文
高校生

古文で、音便の文法的に説明についてです。
例問題で、↓こういうものがありました。

①〈いやしう〉使いたるこそ、
②〈あやしう〉、あてにもいやしうものなるは、
③〈あしう〉もあらず。

音便の種類は理解できているのですが、文法的に説明の仕方がわかりません。
教えてください🙇🏻‍♀️

文法的に説明 古文 古典 文法 音便

回答

1シク活用の形容詞「いやし」のウ音便

2シク活用の形容詞「あやし」のウ音便

3シク活用の形容詞「あし」のウ音便
(活用の種類)活用の(品詞)の(~形もしくは~音便)で説明します

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】