回答

つまり、「春はあけぼの」というのは、
直訳すると「春は明け方」という意味です。
これだけでは説明不十分で何かが省略されているんです。
「春は明け方」では、何が春は明け方なのかということです。

答えは「をかし」です。
春は明け方が趣があるという意味です。

あや

回答ありがとうございます!

この回答にコメントする

この回答がベストアンサーに選ばれました。

「春はあけぼの」は四季それぞれの風景、情景を謳ったものであります。
つまり、それぞれ風情があって良いですねえ、、、と言いたいのです。

それを踏まえたうえで、ここでは現代語訳にもある通り(風情がある)が省略されています。

夏の段落で「風情がある」と似たような意味を持つ3文字の言葉は「をかし」(趣がある)になります。

あや

回答ありがとうございます!
分かりやすかったです(*^_^*)

この回答にコメントする