数学
高校生

教えてください🙇

32 ) 第4章 場合の数と確率 - 20 0 1 2 9とききいたカードがそれぞれ一枚ずつある. この 10 枚のカー ドから無作為に ]枚を選び) その数をとする.。そのカードをもとに戻して」 / 再び10 枚のカードから無作為に1枚を選び, その数をとする. 以下では ノー 、、 0は3の倍数とする. 較 2 ) (0 和XfYが8の人数どなる確率を求めよ。。 ワー ーー (②⑫ 積XYが3の倍数となる確率を求めよ. 紀 3) 和X+Yが3の倍数となるとき,積アが3の倍数となる確率を求めよ \ ン (立命館大・改 い
1 Ao 条件つき確 (07 立命館大・改) 0 と書いたカードを[0]と表すことにする 他のカードについても同様. [-[四の 10 枚のカードを, カードに書か れた番号を 3 で割った余りによって, 以下の ょうにグループ分けする. Aグループ(余り0) :[01 [81 [1 Bグループ (余り1) : 1 141 7 Cグループ (余り 2) : 21 [5! [8 ) 和メ+了が3 の倍数になるのは, 次のい に (i) YともにAグループから選ぶとき, 4・4=16 (通り ) () え の一方を B グループから, 他方 NO 四 )” eeご 結あ 和メ+アが3 の倍数になる確 advうや の \
, 積 XYが3 の倍数になる確率は 16 0 BI 2 ③ 1が の人数になを3 更りのうち 積も 3 の倍数であるのは, 双 ともにA グループから選ぶ場合の 16 通り. よって, 和メ+Y了が3の倍数のとき, 積 XYが3 の倍数となる確率は, 68953 2商7 コメント 万が起こったときに也の起こる条件つき確 率 ヵ(とZn7) 。P(gnの 0を(に計50 は, 全事象を事象万に取り直して考えたとき の, 事象の起こる確率です. (3はその定義に直結した問題ですが, 3 まあ 定義が理解できていな いと解きづらいはずです. (これまでの問題 のように, どー也と時間が流れる条件つき確 率が, 特に定義を意識しなくても理解できる のと対照的です. )

回答

まだ回答がありません。