理科
中学生

わかりません。

1]にの 物質を加熱しにヒエマー 名問 基本をおさえよう 間了ーーーュ O ふとの物買とは性質の異なる の物質ができる変化を何というが。 る ka 2 1種類の物質が 2 種類以 の物質に分かれる化学変化を何というが。 加熱したときに起こる②の化学変化をとく に何というか。 炭酸水素ナトリウムを加熱したときの変化 ペー 」下時預のように. 炭酸水素ナトリウムを加熱し, 発生した気体を / 3本の試験管に集めた。 訂 発生した気体に火のついたマッチを近づけた。 2 ) 正発生 した気体に火のついた線音を入れた。 回 発生した気体に石太水を入れてよくふつた。 右 試験管Aの口元についた液体に 青色の塩化コバルト紙を 1 炭酸水素オト K) き
④ 加熱じただどだ者提2 ときの変化 <拓須 広水素ナ ドリウムを加熱した 本叶較のように. 炭酸水素ナオトリ ウムを加熱し. 発生 した気体を 3 本の試験息に集めた。 マッチを近づけた。 発生した気体に火のついたマウ 発生した気体に火 いた線香を入れた。 発生した気体に応氷を入れてよくふった* 試験飼 A の口元についた液体に, 青色の塩化コパル ト紙を 6 づつ 炭醒水素ナトリウムと加熱後の固体を 0.5gずつ, それぞれ水 5 cm3 にとかし。 とけ方を にフェノールフタレイン浴渡を入れ. 色の変化を比べた。 『Eほ厨マッチの火IEXのついた 記水を入| |電化コバルト を近づける| 統音を入れる| れよくふる|| 紙につける M 水 は 怒 白くにごった とけ残った
jaの。 厨でマッチの多を 近づけても変化しながラー ではないことがわかる< の 如で逆誠の火が消えたことから・ 半生した気体は[ ]でほはない ことがわかる。 の 加で石多水が白くにごったことから。 発生 した気体は[ ] であることがわかる。 gz3⑦ の斗化コバルト紙の色の変化から・ 試験答Aの口元についた液体は がを であることがわかる。 の 『 3⑨ 紀の水へのとけカと局のフェノニルク名レイ ン溶液の色の変化から。 は 匠の ウムと加料後の固体は| ア 同じ イ.史の]物質であることがわかる。 の⑰ 炭且水素ナトリウムを加熱すると, 次のように3 種類の物質に分かれる / という化学変化が起こる。 24 2 jrE仙 HE D 2 0 ガラス管を導水から とり出すのはなぜか。 部した試験答(A)に 0 試験管が

回答